BricsCAD 土砂災害シミュレーション

BricsCAD Proを用いた、数値標高モデル(DEM)と地形モデル(TINサーフェス)による土砂流(斜面崩壊)のシミュレーションです。

ハザードマップなどを利用して、簡単にシミュレーションすることを目的としています。
今回のモデルは、過去に実際に土砂崩れが発生した場所を参考に作成しています。
土砂流(斜面崩壊)のシミュレーションには、粒子法(MPS)を用いています。
土砂流の発生には時差を設定、シミュレーションしています。
CADアプリケーションプロジェクトでは、プリポストプロセッサとして、BricsCAD Proをカスタマイズしました。
※シミュレーションは、試験的に行ったものです。

 

2021年10月15日