数値標高モデルを用いた河川・湖沼の洪水シミュレーション

粒子法による河川・湖沼の洪水シミュレーションです。
ハザードマップで、浸水が予測される地域の一部をシミュレーションしています。
河川・湖沼の水位を一定の状態として、浸水の過程をシミュレーションしたものです。
プリプロセッサには、AutoCAD/BricsCADを、ポストプロセッサには、ParaViewを用いています。
※試験的にシミュレーションしたものです。

 

2021年12月22日