トップページ

CADアプリケーションプロジェクトは、CADのカスタマイズを行う会社です。
AutoCAD/BricsCADをベースに用途に合わせてカスタマイズ(Visual LISP、.NET API、C++)いたします。
お客様の仕様に合わせた"コマンド・アプリケーション"を提供いたします。
コマンド一つからカスタマイズいたします。
弊社では、リモートに対応しています。弊社サービスについては、お気軽にお問い合わせください。
※ライセンスプランについては、ご相談に応じます。

YouTubeチャンネルでは、アプリケーションソフトやコマンドのご紹介などをしています。
YouTube:CADアプリケーションプロジェクトチャンネル (2022/08/10更新)
※YouTubeでご紹介しているコマンドなどについても、お気軽にお問い合わせください。


トピックス


  • SOKURYO YACHOは、AutoCAD/BricsCADで測量・座標計算を行うためのパレットダイアログベースのアプリケーションです。
    測量データ(APA)・座標データ(SIMA・CSV)を入力/編集/インポート/エクスポートできます。
    データは、図面データ[DWG(ディクショナリ)]に保存できます。
    測量CADアプリケーション SOKURYO CAD APと合わせて利用することで、簡単に測量図・求積図を作成できます。
    マイナーバージョンアップ(2022/07/14)


  • 測量CADアプリケーション SOKURYO CAD APは、測量に係わる多数のコマンドを用意しています。
    座標データ(SIMA・CSV)インポート/エクスポート
    三斜求積計算、座標求積計算、計算点
    設備(桝、マンホール、電柱 ... etc)、構造(土留、擁壁、法面 ... etc)、構囲(ブロック塀、RC塀、フェンス ... etc)、建物、レベル(標高)
    断面図、横断図、拡大図
    寸法線、旗上げ線
    文字列、文字編集 ... etc
    測量・座標計算 アプリケーション SOKURYO YACHOと合わせて利用することで、CAD上で簡単に測量・座標計算できます。
    マイナーバージョンアップ(2022/07/19)


  • 座標データ(SIMA)から三斜/座標/ヘロン求積図(DXFファイル)を自動作成するアプリケーションです。CADソフトは不要です。
    プログラムファイルをダブルクリックするだけで、フォルダ内のSIMAデータから求積図を自動作成します。
    測量CADアプリケーション SOKURYO CAD APを用いることで測量図などにも展開できます。


  • AutoCAD/BricsCADで、三斜/座標/ヘロン面積計算・求積図を作図するコマンドです。
    測量CADアプリケーション SOKURYO CAD APでも、提供されているコマンドです。
    お客様の仕様にあわせたカスタマイズも可能です。


  • AutoCAD/BricsCADで、座標データ(SIMA・CSV)をインポート/エクスポートするカスタムコマンドです。
    座標データをCAD上にインポート、測点や杭芯の座標値をCSVファイルにエクスポートします。
    測量CADアプリケーション SOKURYO CAD APでも、提供されているコマンドです。
    お客様の仕様に合わせたカスタマイズも可能です。


  • AutoCAD/BricsCADで動作する架台(杭基礎)ツールコマンドで2D/3Dに対応しています。
    架台に架台番名と杭芯に杭番号を属性定義して、杭芯と測点の座標をCSVファイルにエクスポートしたり、架台数や杭数などをExcelの書式でエクスポートできます。


  • 粒子法と個別要素法による河川・湖沼の氾濫決壊シミュレーションです。
    ハザードマップで、洪水が予測される地域の一部をシミュレーションしています。
    河川・湖沼の水位を一定の状態として、氾濫決壊の過程をシミュレーションしたものです。
    プリプロセッサにAutoCAD/BricsCADのカスタムコマンド、ポストプロセッサにParaViewを用いています。
    ソルバーはコンソールアプリケーション(Windows/Linux)です。
    ※試験的にシミュレーションしたものです。


  • 個別要素法による土砂災害のシミュレーションです。
    ハザードマップで、土砂災害が予測される地域をシミュレーションしています。
    プリプロセッサにAutoCAD/BricsCADのカスタムコマンド、ポストプロセッサにParaViewを用いています。
    ソルバーはコンソールアプリケーション(Windows/Linux)です。
    ※シミュレーションは、試験的に行ったものです。


  • AutoCAD/BricsCADで、日影図を作成するツールメニュー(カスタムコマンド)です。


  • AutoCAD/BricsCADで、杭基礎/杭伏図を作成するツールメニュー(カスタムコマンド)です。
    基礎ラインコマンドで入力した内容は、図面データ(DWGファイル)と共に保存されます。
    杭芯および基準点の座標値をCSVファイルに出力します。


  • AutoCAD/BricsCADで、杭伏図の施工データから経過時間と掘削深度、積算流量のグラフを作成するカスタムコマンドです。
    動画では、予め各杭に施工データを設定(拡張ディクショナリと拡張レコード)しています。
    杭P1の施工データの内容をテキストウィンドウに表示、Excelテンプレートにエクスポートしています。

ニュース

2022年08月02日
三斜/座標/ヘロン面積計算コマンド AutoCAD/BricsCAD
2022年07月19日
測量CADアプリケーション SOKURYO CAD AP AutoCAD/BricsCAD
2022年07月14日
測量・座標計算アプリケーション SOKURYO YACHO AutoCAD/BricsCAD
2022年06月24日
座標データ(SIMA)から三斜/座標/ヘロン求積図(DXFファイル)自動作成アプリケーション KANTAN KYUSEKI
2022年06月17日
架台(杭基礎)ツールコマンド 2D/3D対応 AutoCAD/BricsCAD
2022年05月12日
座標データ(SIMA・CSV)インポート/エクスポートコマンド AutoCAD/BricsCAD
2022年03月29日
粒子法と個別要素法による数値標高モデルを用いた河川・湖沼の氾濫決壊シミュレーション
2022年02月14日
個別要素法による数値標高モデルを用いた土砂災害のシミュレーション
» 続きを読む